無料相談はこちらから
  • トップページ
  • アクセス
  • 問い合わせ

電話0120-77-2306

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

お金に関する手続き(請求・払い戻し)

<目次>

年金関係の請求

入院給付金の返済

未収配当の受取り

弔慰金国債の引継ぎ

 

年金関係の請求

 相続に関わる年金は、様々な種類があります。遺族厚生(基礎)年金、寡婦年金、死亡一時金、遺族共済年金、未支給年金などです。

 それぞれの手続き方法について確認する必要がありますが、難しい場合は年金事務所で確認して、どの手続きが必要か把握する方法が一番近道です。

詳しくは「年金関係の請求」をご覧ください。

入院給付金の返済

生命保険では、入院給付金が支払われる場合が多くあります。

 入院・手術給付金は、受取人本人の請求によって支払われます。そして一般的に、入院・手術給付金の受取人は被保険者となるので、相続人が、請求書類に記入押印し、必要書類をそろえて生命保険会社に提出します。

 入院保険金は死亡保険金と合わせて請求することが多いですが、この手続きは請求のし忘れが多いので、請求漏れがないようにすることが大切です。

ここでは入院給付金の請求や手続き方法、必要書類等について解説しています。

詳しくは「入院給付金の返済」をご覧ください。

未収配当の受取り

 上場会社の株式を保有していた人が亡くなった場合に、その会社の配当金を受け取る権利がありますが、未だ受け取っていない配当金(これを未収配当金といいます)が残っていることがあります。これは手続きをすることで相続人が受け取ることができます。

 ここでは未収配当金を受け取るための手続き方法や必要書類等について解説しています。

詳しくは「未収配当の受取り」をご覧ください。

弔慰金国債の引継ぎ

 戦没者等の妻に対する特別給付金や戦没者等の遺族に対する特別弔慰金等は、弔慰金国債という特別な国庫債券で支給されていて、相続することができます。手続きの窓口はゆうちょ銀行です。

 亡くなった時期により、未支給金が生じることがあります。未支給金がある場合や扶助料を受け取れる遺族がいる場合には、請求手続きが必要です。

ここでは、未支給金を受け取るための手続き方法や必要書類等を解説しています。

詳しくは「弔慰金国債の引継ぎ」をご覧ください。

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金
無料相談の詳細はコチラ 0120-77-2306        

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

相続・生前対策について

生前で考えておくべき手続きについて

PAGETOP