無料相談はこちらから
  • トップページ
  • アクセス
  • 問い合わせ

電話0120-77-2306

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

貸金庫の解約

いつまでに→亡くなった後すみやかに

どこへ→故人が貸金庫を借りていた銀行・信金・信組の各支店

貸金庫の手続きが完了しないと、口座が解約できない

 故人が貸金庫を借りていた場合は、その銀行・信金・信組(以下、銀行等といいます)の支店に亡くなった事実を連絡し、名義変更、貸金庫の解約、引継ぎに関する書類を取得します。

 受け取った貸金庫の手続書類には、相続人全員が署名押印し、基本的には相続人全員が貸金庫を借りている支店に赴き、解約の手続をすることとなります。どうしても相続人全員が一緒に行けないときには、他の相続人への委任状を作成する必要があります。これは銀行等に用意されていることが多いので、あらかじめ銀行等と相談しておきましょう。

 相続人全員で手続書類と貸金庫のカギ等を提出すると、貸金庫室に案内されます。貸金庫の内容物を受け取ったら、貸金庫代の精算や、鍵・カードを紛失している場合には鍵の交換費用等を清算し、貸金庫の手続きは完了です。この後、預金口座の解約手続きを行います。貸金庫の手続きが完了しないと、口座の解約はできません。

必要書類等

□銀行等各支店の相続手続書類

□故人の通帳とキャッシュカード

□貸金庫のカードと鍵

□故人が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本

□相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明書

□代表相続人の通帳、届出印

□他の相続人からの委任状(必要に応じて)

□遺産分割協議書や遺言書

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金
無料相談の詳細はコチラ 0120-77-2306        

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

相続・生前対策について

生前で考えておくべき手続きについて

PAGETOP