無料相談はこちらから
  • トップページ
  • アクセス
  • 問い合わせ

電話0120-77-2306

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

出資金の払い戻し

いつまでに→亡くなった後すみやかに

どこへ→出資金を持っている信金・農協・生協・森林組合

信金等の会員は出資をしている場合が多い

 忘れがちな手続きの代表的なものです。

 信金・農協・生協・森林組合(以下、信金等といいます)は、会員の出資による協同組織の金融機関です。そのため、信金等の会員は出資をしている場合が多くあります。

 信金等の出資金は通帳に年に一回、出資配当金が振り込まれていることが多いので、通帳で確認できます。被相続人の通帳に「出資配当」の振込がある、または出資証券がある場合には、出資金を持っている信金等に死亡の事実の連絡が必要です。

 出資金は、通常の預貯金とは大きく異なります。出資を持った会員が亡くなったときには、信用金庫法によって会員としての権利がなくなります。これを「法定脱退」といい、出資持分払い戻し請求を行うことになります。

 相続した出資持分の払出しは年度末(3月末日が多い)までそのままにしておき、翌期首(4月の第一営業日のことが多い)以降の払戻しとなります。

信用金庫・農協・生協への出資金

 これと同じように、故人の事業が引き継がれない場合には、同業者組合への出資金・加入保証金も退会手続きを取り、出資金・加入金の返却を受けることになります。

 農業を営まないのであれば、農協への出資金も同様ですので注意してください。

 鮎釣りができる川の事業者が集まった漁業組合や森林組合などがあります。

 農業、漁業、林業、事業など、何か自営業をしていると、組合に入っている可能性があります。

手続き方法

 口座を持っている各信金等の支店に、死亡の事実を連絡します。各信金等に出資の相続手続きに必要な書類を取得します。

 各信金等から受け取った相続手続書類には、基本的に相続人全員が署名押印する必要があります。相続人全員で署名押印をし、相続人のうち、出資金を誰の通帳に振り込むのか、名義変更ならば誰の名義にするのか代表者を決め、相続人代表として手続きをします。

 名義変更をして会員となるためには、各信金等の要件があります。相続人であれば誰でも要件を満たすわけではないので、あらかじめ各信金等との相談が必要です。

 また、遺産分割協議書(相続財産を誰が何を取得するかを明記し、相続人全員で署名押印をした合意文書)や遺言書がある場合には手続き方法が異なりますので、こちらもあわせて、あらかじめの相談が必要となります。

必要書類等

□各信金等支店の相続手続書類

□故人の通帳

□故人のキャッシュヵ―ド

□出資証券、カード

□故人が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本

□相続人全員の戸籍謄本

□相続人全員の印鑑証明書

□代表相続人の通帳、届出印

□遺産分割協議書や遺言書

 

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金
無料相談の詳細はコチラ 0120-77-2306        

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

相続・生前対策について

生前で考えておくべき手続きについて

PAGETOP