無料相談はこちらから
  • トップページ
  • アクセス
  • 問い合わせ

電話0120-77-2306

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

フィットネスクラブの引継ぎ

いつまでに→亡くなった後すみやかに

どこへ→フィットネスクラブ

自動引き落としには注意が必要

 早めに連絡をしておかなければ、月会費が自動的に引き落とされます。なお、引き落とされた会費は戻ってくることはほとんどありません。退会届が必要なところもあります。

 健康食品の定期購買も、すぐに連絡して配送を停止しないと、定期配送されてしまいます。

 入会保証金があるスポーツジムやフィットネスクラブ等の場合は、保証金の返還手続きが必要なことにご注意ください。

必要書類等

□退会届

□相続関係がわかる戸籍等(戸籍謄本等)

□届出人の身分証証明書(運転免許やパスポート等)

□認印

事例 利用しない事務の会費を3年間

 Eさんのご主人は2年前、病気で亡くなられました。

 生前はスポーツジムに入会して週に3回ほどトレーニングをされていたそうです。

 先月、スポーツジムからの会員の請求書がEさん宅に届いて「こんなことってあるんですか?」と驚かれ、センターにみえました。

 入会時に50万円の保証金が預託されていたのですが、Eさんをはじめ、残されたご家族がジムを利用されることはなく、退会の手続きもとらずにそのままにされていたため、毎年、年会費が発生していました。

 相談を受けてすぐに退会手続きをとったのですが、保証金50万円から3年分の会費18万円が差し引かれて32万円が返却されました。スポーツジム側も保証金を預かっているため、会費の未納請求はなかったので、放置していたのです。

 手続きをしなかったばっかりに、誰も利用しないスポーツジムの会費を丸々3年間も払い続けたことになります。

 

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金
無料相談の詳細はコチラ 0120-77-2306        

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

相続・生前対策について

生前で考えておくべき手続きについて

PAGETOP