無料相談はこちらから
  • トップページ
  • アクセス
  • 問い合わせ

電話0120-77-2306

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

森林法の届出

いつまでに→所有者となってから90日以内

どこで→市町村役場の農政課、農林課等森林を管轄する課

相続などで森林の土地を取得したときに必要な届出

 個人、法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した場合、面積に関わらず届け出る必要があります。ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出 している人は対象外です。

 届出期間は、新しく森林の土地の所有者となった日から90日以内。相続の場合は、相続開始の日から90日以内に遺産分割が整っていない場合でも、法定相続人の共有物として届け出て、相続人が確定したときに再び届け出る必要があります。

手続き方法

 「森林の土地の所有者届出書」に、届出者と前所有者の住所・氏名、所有者となった年月 日、所有権移転の原因、土地の所在場所および面積とともに、土地の用途等を記載し、取得 した土地のある市区町村の長に届け出ます。面積はヘクタールで記載する必要があるので注意してください。

 添付書類 として、登記事項証明書(写しも可)など権利を取得したことがわかる書類の写し、土地の位置を示す図面が必要です。

必要書類等

□届出書

□認印

(代理人が届け出る場合は)委任状

□土地の位置を示す図面(登記事項証明書や土地売買契約書などの土地の権利を取得したことがわかる書類、写しでも可)

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金
無料相談の詳細はコチラ 0120-77-2306        

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

相続・生前対策について

生前で考えておくべき手続きについて

PAGETOP