無料相談はこちらから
  • トップページ
  • アクセス
  • 問い合わせ

電話0120-77-2306

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

新しいスタイルも増える現代のお墓事情

お墓の購入手順と費用相場を紹介!墓地選びのポイントもお伝えします

四十九日法要が終ると納骨となりますが、お墓がまだない場合は用意しなくてはなりません。ここでは墓地の選び方や購入手順、かかる費用について解説していきます。

 

墓地の種類

日本では墓地埋葬法によって墓地以外の場所に埋葬することができないので、まず墓石を建てるための墓地を決める必要があります。墓地の種類は、「寺院墓地」「公営墓地」「民営墓地」に分かれます。

 

種類

管理者

メリット

デメリット

 

寺院墓地

 

お寺

お寺が墓地を管理しているので手厚い供養が受けられる

・法要を寺院で執り行える

・永代供養付き墓地も近年登場している(継承者がいなくても、お寺が永代または一定期間供養してくれる)

基本的に継承者がいることが前提

・お寺の檀家になるので、年間管理費以外にも護持会費・寄付などがある

・宗派が決まっている

・指定石材店でしか墓石を選べなかったり、デザインに制約があることも

 

公営墓地

 

地方自治体

・使用料・管理料が比較的安価

継承者がいなくても契約できることが多い

・宗教や宗派を問わない

・地方自治体が運営しているので経営面も安定している

・石材店の指定がなく、墓石のデザインの制約も少ない

・納骨堂や樹木葬を取り入れている墓地もある

 

・申込期間が制限されている

・人気がある墓地は応募倍率が非常に高い

・その地域に居住している必要がある(居住年数を問われることも)

・「一度も埋葬していない遺骨が手元にあること」「遺骨の祭祀の主催者(葬儀の喪主、法要の施主)であること」など申し込みの条件が多い

 

民営墓地(民間霊園)

宗教法人

社団法人

民間企業

・宗教や宗派を問わない

・随時申し込み可能

・墓地の広さ(区画)を選べるところが多い

・継承者がいなくても契約できることが多い

・生前購入が可能

・納骨堂や樹木葬など新しいスタイルのお墓もある

・永代使用料や管理費用が割高

・指定の石材店しか利用できないことが多い

・墓石のデザインにも制約があることが多い

・民営のため倒産の可能性がある

・交通の便が良くない場所にあることが多い

墓地選びのポイント

墓地の雰囲気は実際に足を運んでみないとわからないため、事前に見学することをおすすめします。その際は以下の点に注意してみましょう。

・交通の便がいいか

・自分の宗派が利用できるか

・施設の管理・整備状況

・墓地の価格・サイズ・管理費用

 

墓地を契約

希望に合った墓地が見つかった場合も、家族とじっくり相談してから決めたいですよね。多くの霊園では予約制度を設けており、予約期間中は取り置きしてくれます。

予約期間中に契約を交わし、永代使用料や管理費の支払いをすると「永年使用許可書」を墓地の管理者が発行してくれます。この書類は埋葬や改葬、お墓の継承時に提示するので大切に保管しましょう。

 

墓石を決定する

墓地が決まれば、墓石の購入に移ります。費用は墓石の種類やデザイン・大きさによって変動するので、石材店に区画の大きさ・暮石の種類・費用などの希望を伝えて見積もりをもらい、入念に打ち合わせをしましょう。

石材店が決まっていない場合、葬儀社や墓地の管理者に紹介してもらうこともできます。

 

お墓の費用

お墓を建てるのに必要な費用は大きく分けて3つあります。

1.永代使用料墓地として永代に渡って使用する土地の権利料のこと。全国平均は約67万円で、一般的に墓地の購入時に一括で支払います。

2.墓石費用墓石本体・墓石の加工・お墓の施工が費用として含まれています。墓石の平均価格は約114万円ですが、石のデザインや種類によって値段が大きく変わります。広めのお墓を造る際には周囲に柵を設ける必要があるため、別途外柵費用が発生することもあります。

3.管理費用墓地内の水道料や共有スペースなどの共益費です。場所により異なりますが、年間で1万円~10万円と開きがあるため、契約の前に確認をすることをおすすめします。

墓地は「購入するもの」と思っている方も多いですが、実際は土地を借りる権利を購入しているだけです。不要になっても勝手に他人に譲渡することができません。墓じまいや改葬で手放す場合は、墓地の持ち主に権利を返却します。

 

新しいお墓のスタイル

少子化により継承者のいないお墓が増えたことで、現代に合わせた新しいお墓のスタイルが注目されています。

夫婦墓・個人墓…墓石がある場合とない場合がある。継承不要で管理人により永代供養をしてもらえる

共同墓…複数人で同じ場所に納骨。管理人により永代供養をしてもらえる

納骨堂…墓石がなく、遺骨だけを納める。一定期間を超えると合祀墓に移動。管理人により永代供養をしてもらえる

樹木葬墓石がなく、樹木をお墓とし遺骨を埋葬

散骨遺骨を海へ撒く(刑法に抵触する恐れがあるため、必ず地方自治体の条例に従って行ってください)

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金
無料相談の詳細はコチラ 0120-77-2306        

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

相続・生前対策について

生前で考えておくべき手続きについて

PAGETOP