無料相談はこちらから
  • トップページ
  • アクセス
  • 問い合わせ

電話0120-77-2306

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

お寺との付き合いと法要の流れ

法要の種類と流れ

法事・法要とは故人の冥福を祈り、供養をする仏教の儀式です。
主な法要は故人が亡くなった日から数えて49日目に「四十九日法要」をもって忌明けとし、それ以降は「一周忌」などの年忌になります。
亡くなった後7日、14日、21日、28日にも法要はありますが、近年は簡略して拝礼だけを行う場合や「初七日法要」のように繰り上げて行うこともあります。
四十九日までは忌中(きちゅう)にあたるので、この期間は結婚式などの祝いごとへの出席や神社への参拝は控えましょう。

四十九日法要とは?

「四十九日」は来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、四十九日目に故人の生前の行いと現世で行われる法要により旅立つ場所が決まるとされています。そのため遺族や親族は「四十九日法要」で故人が極楽浄土に行けるように願いを込めて法要を行うのです。
四十九日の数え方ですが、命日を1日目とするので亡くなった日から48日目が四十九日になります。

宗教によりますが、四十九日法要と納骨を合わせて行う人も多いです。新しいお墓に納骨するときは僧侶に「開眼供養(かいげんくよう)」をお願いします。別名入魂供養・魂入れ・仏壇開きとも呼ばれています。
新しいお墓は先祖や故人の魂が入っていない状態と考えられているので、開眼供養で故人の魂を移すのです。

骨壺を納骨するとき祭壇に飾っていた白木位牌を菩提寺に納めたのち、本位牌に替えます。
僧侶の読経と参列者による焼香やお祈りが終わり、会食が終了したら参列者には「返礼品」を、僧侶には「お布施」を渡しましょう。

一周忌では何をするの?

一周忌は故人が亡くなってから満1年の同月同日に行われる最初の年忌法要ですが、同月同日に行うのが難しい場合はその日より前に日程を立ててもかまいません。
一周忌法要では僧侶の読経後に、遺族や親族、故人と親しかった友人などが焼香や会食をします。早めに日時を決めて僧侶に連絡し、会食・引き出物の用意もしましょう。

一周忌の後の法要は?

一周忌(満1年目)の後は三回忌(満2年目)になり、十三回忌(満12年目)、三十三回忌(満32年目)の弔い上げまで続きます。
弔い上げは最後の年忌という意味であり、故人が極楽浄土に行き子孫を見守る存在になるので、供養の必要がなくなるという考えからきています。宗派によっては五十回忌が弔い上げとなっています。
しかし、2回目の法要なのになぜ「三回忌」というのか不思議ですよね。「亡くなってから何年目を迎えるか」を基準にしているため、満2年は3年目を迎えたことになるのです。

【check!】お盆も大事な法要
お盆は先祖の精霊を家にお迎えし供養する期間のことをいいます。新暦と旧暦で異なりますが、7月15日前後または8月15日前後に分かれます。四十九日後初めてのお盆は「新盆(初盆)」と呼び、白提灯を下げて仏壇を盆提灯で飾り、僧侶に読経してもらいます。

法要は全部行うべき?

親族が集まる機会は滅多にないため、一周忌のときに「法要をどこまで行うか」を話しておくといいでしょう。
供養する人が多く年月が重なっている場合、供養をまとめて行う「平修(へいしゅう)」をお寺にお願いすることもできます。

■お布施の種類と目安

※御車代と御膳料はまとめてお布施としてお渡しすることもあります。

法要 項目 金額の目安 備考
葬儀 お布施

40万円~(戒名料含む)

【戒名料の目安】

信士(しんし)・信女(しんにょ)20万円~

居士(こじ)・大姉(だいし)50万円~

院信士(いんしんし)・院信女(いんしんにょ)70万円~

院居士(いんこじ)・院大姉(いんだいし)100万円~

宗教・地域により金額は変わる
御車代 近場で1万円程度
徒歩で来られるときも5000円程度
こちらで手配する場合は不要
御膳料 会食を辞退されたときは5000円~1万円程度

 

四十九日
法要

お布施

納骨と合わせて5万円程度

 

御車代

近場で1万円程度
徒歩で来られるときも5000円程度

こちらで手配する場合は不要

御膳料

会食を辞退されたときは5000円~1万円程度

 

納骨

お布施

四十九日と合わせて5万円程度

開眼供養をお願いするなら別途供養料として3~5万円程度

 

御膳料

会食を辞退されたときは5000円~1万円程度

一周忌

お布施

読経料3万~5万円程度

 

御車代

近場で1万円程度
徒歩で来られるときも5000円程度

こちらで手配する場合は不要

御膳料

会食を辞退されたときは5000円~1万円程度

 

三回忌~

お布施

読経料1万~5万円程度

 

御車代

近場で1万円程度
徒歩で来られるときも5000円程度

こちらで手配する場合は不要

御膳料

会食を辞退されたときは5000円~1万円程度

 

盆・暮れ

お布施

初盆・新盆の場合3万円~5万円程度
それ以降の場合5000円~2万円程度

読経をあげず、あいさつだけの場合は折り菓子程度

その他

護持会費

年間1~2万円程度

寺院の維持運営費。寺院により金額は異なる

寄付

~数十万円

寺院の維持運営費・修繕費。寺院によって金額は異なる

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金
無料相談の詳細はコチラ 0120-77-2306        

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

相続・生前対策について

生前で考えておくべき手続きについて

PAGETOP