無料相談はこちらから
  • トップページ
  • アクセス
  • 問い合わせ

電話0120-77-2306

営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

死亡診断書の依頼と受け取り

遺体搬送に必須の「死亡診断書」を受け取るには?

ご家族が亡くなった後、まず必要となる書類が死亡診断書です。

死亡診断書とは、故人が亡くなった日時・場所・死因などが記載された書類で、亡くなったことを確認した医師が作成します。

病院で亡くなった場合、立ち合った医師が死亡診断書を当日または翌日に発行してくれます。

    

自宅で亡くなったら~かかりつけ医がいる場合~

自宅で死亡した際、かかりつけ医がいればその病院ヘ連絡をしてください。治療中の病気やケガがあれば担当医が自宅に来て確認します。持病による死亡と確認できたら、死亡診断書を作成してもらえます。

治療を受けていたケガや病気以外の理由で死亡した場合、死亡診断書は発行されません。まずは警察に連絡をし、検視を受けてから死亡診断書と同じ内容の「死体検案書」を交付してもらいます。

 

自宅で亡くなったら~かかりつけ医がいない場合~

<まだ息があるかもしれない>

119番に連絡してください。蘇生の可能性があれば緊急搬送になります。駆けつけた救急隊員が亡くなったことを確認した場合、警察に連絡してくれます。

<明らかに亡くなっている>

110番に連絡してください。先に説明したように、検視を得て死体検案書を交付してもらいます。

警察を待っている間、亡くなった人はそのままの状態にしておいてください。

入浴していて裸の状態だったとしても、警察が来るまで服を着せてはいけません。

遺体を動かすと、事件性を疑われて事情聴取されることに!

死体検案書が作成されるまでは、触れたくなる気持ちをこらえましょう。

 

書類を受け取った後の確認と手続き

死亡診断書(死体検案書)の右半分は医師や警察が記入する「死亡診断書(死体検案書)」で、左半分が「死亡届」になっています。死亡診断書(死体検案書)を受け取ったら記入された死亡日時・故人の名前・生年月日に間違いがないかを確認し、訂正があればすぐ申し出ます。

続いて左側の死亡届に必要事項を記入し、認印を押してください。このとき、年金や保険などの届け出用に、コピーを10枚程度とっておくと便利です。

死亡診断書(死体検案書)は亡くなった事実を知った日から7日以内に市町村役場に提出する必要があります。

入院先で亡くなった場合、遺体の搬送・安置の手続きを終えたあとは退院手続きに移りましょう。

医師や看護師に故人がお世話になったお礼の気持ちを伝え、入院費用の清算と病室の私物を引き取ります。

 

書類の費用

・死亡診断書は一般的に5000円程度かかりますが、病院によって変わるため確認をすることをおすすめします。

・死体検案書は平均すると7000円程度かかります。死因を詳しく調べなければならないので、死亡診断書より割高になる傾向があります。

    この記事を担当した税理士

    いわみ会計事務所

    代表

    岩見 文吾

    保有資格

    公認会計士・税理士・行政書士・FP

    専門分野

    相続・会計

    経歴

    いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


    サポート料金
    サポート料金
    無料相談の詳細はコチラ 0120-77-2306        

    営業時間:9:00~17:00 面談年中無休

    相続・生前対策について

    生前で考えておくべき手続きについて

    PAGETOP